JBS FUKUOKA JUNIOR BATTING SCHOOL

インフォメーション

2018/10/25【ブログ】

運命のドラフト会議~その裏側~

こんにちは!!

福岡県の野球教室のジュニアバッティングスクール福岡と野球学校のLOS Baseball Schoolの代表を務めております元オリックスバファローズ投手の前田祐二です。

早いもので2018年も残すところわずかとなりましたね。

さてさて2018年10月25日(木)は野球好きにはたまらないイベント、プロ野球ドラフト会議の日です。

誰がどこの球団に行くのか?

ワクワクしますよね?

それは見る側だけではなく、当事者もドキドキワクワクな一日となります。

プロ志望届をだしている選手なら、プロに行けるか行けないか、の運命の日となるので、見てる側よりも心臓がバクバクしているでしょう。

またその家族や親せき、彼女、関係者もものすごく緊張する一日となりますね。

例えプロに行けなくても、諦めずに、野球を嫌いにならずに、前に進んでいってほしいと思います。

そんな一人の人間の運命を決めてしまうドラフト会議の裏側はどうなっているのか知りたくないですか?

僕の場合のことしか話せませんがこっそりお伝えしようと思います。

 

僕は、大学卒業後、BCリーグという北信越の独立リーグに所属しました。

(実は独立リーグもプロ野球のくくりなのでプロ志望届を出さないと入れません)

そこで開幕投手を任され、その後もずっと先発ローテーションを守って投げていたのですが、結構三振を取る強気なピッチングスタイルだったので、気づけば奪三振王のタイトルを取れるまでになっていました。

それのおかげか何球団もスカウトが見に来てくれるようになりました。

(実際そのときは僕は知りませんでしたがドラフトで指名された後に聞きました。笑)

世間一般的な考えでは、指名する人とは直接会って挨拶をして指名するものと思われがちですが、それは上位指名(1・2位くらいまで)の人だけです。

下位の人は、軽いあいさつ程度のことはあるかもしれませんが、「指名するからね」ということは絶対に言いません。

というか、それを言うスカウトはちょっと悪いです。笑

それは、ドラフトにもその球団の考えがあるので、

「この選手をとれたらあとはピッチャー多めでとろう」

「今年は即戦力になりそうな選手メインでいこう」

とかいう戦略があり、もし狙っている選手がことごとく取れなかった場合は、その場で大幅に戦略に見合った選手を変更する場合があります。

なので、下位指名に回されている選手は必ずしも指名されるとは限りませんので、絶対に「指名するから」という言葉は言えないし、言わないほうがその選手のためでもあります。

よくドラフト会議で、会見場まで準備しているのに指名されない選手がいるのはこういう理由があるからです。

僕の場合は、岡田監督になりたての岡田チルドレン第一期生だったんですが、そのときは、5人指名されましたが全員が投手でしかもそのうち4人が左ピッチャーという、ピッチャー、もっというと左ピッチャーの補強年でした。

しかもドラフト1位は古川秀一という日本文理大の150キロ左腕を一本釣りでき、2位も比嘉幹貴という現オリックスの変則サイドスロー投手を狙い通り指名できたので、僕は4位で指名されることとなりました。

ドラフトには運が大事なんです。

このときほど嬉しい瞬間は味わったことはありません。

でも実はこのとき僕はオリックスに指名されるとは微塵も思っていませんでした。

なぜかというと、他の球団(明言はできません。すいません)の育成ドラフト1位が決定していたからです。

所属していた福井ミラクルエレファンツの上層のかたから聞いていたので、「育成ドラフトはまだまだ時間かかるなあ」って余裕ぶっこいてドラフト会議を、福井新聞社という親元のスポンサーのデスクを借りて見ていました。

すると突然聞いたことのある名前が呼ばれたので、最初自分のことだと気づかなくて、周りの新聞社のかたから「おめでとう」って言われて初めてその聞いたことがある名前が自分だと認識できました。

なので一瞬遅れて喜びがきたので微妙な喜び方になったのを記憶しています。笑

指名されてすぐに親に電話し、そのあとはお世話になっていたかたに電話して、そのとき泣いて喜んでくれた人もいて、「本当に野球をしていてよかったな」、そう思ったのを今でも覚えています。

その時間もつかの間、その後は福井新聞社での記者会見、オリックスとの入団会見、福井のテレビ出演、ラジオ出演、スポンサーへのあいさつ回り、とめちゃくちゃ忙しかったですが。

「プロになると友だちが増える」

ということを聞いていましたが、本当に増えました。笑

全然仲良くなかったやつから電話かかってきたり、地元で声かけられたり。

正直なれなれしすぎてうっとおしかったですが、それもプロになれたからだと割り切って文句は言いませんでしたけどね。笑

まあそんなこんなでプロになれたんですが、ドラフト指名は突然やってくるものと思ってドラフト会議を見てくれたら、そのハラハラドキドキな気持ちが味わえるんではないかと思います。

ドラフトで指名された人されなかった人、運命はそのときは変わってしまうかもしれませんが野球を好きでいれば必ずその先に何か自分にとってプラスのことが起こりますので、指名されなくても諦めずに野球に打ち込んでもらえたらと思います。

指名された人は、最初の2月の春キャンプで周りのレベルに度肝を抜かされるかもしれませんが、常に上を目指して頑張ってほしいと思います。

それではこれで終わります。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

PS1

僕は中学生の頃、イジメっていうのには軽いかもしれませんが、同じ野球部の特定のグループから嫌がらせを受けていたことがあります。

そのとき別の友だちが気にすんなって寄り添ってくれたこともあり、野球部をやめることはありませんでしたが、そのとき本当にやめなくてよかったなと心から思います。

嫌がらせを受けていた原因は、今となってはわかりますが、まあ本当子どもの考えることですよね。

ただノリが悪かっただけです。笑

多分そいつらからしたらおもんないやつだったんですよ。

頭が良くて、世間知らずで、ガキっぽい。

確かにイラっとしますね。笑

で、そのときどうやってそれを克服したかといったら、「野球で1番になって黙らせる」って決めて、練習して、練習して、礼儀も学んで、ボケとツッコミも覚えて(笑)、練習して、本当に黙らせました。笑

なので、今もし、イジメや何かで野球が嫌いになりそうって悩んでいるなら、野球をやめようとするんじゃなくて、自分から何かを変えようと努力してみてください。

あなたが悪いんじゃない、その環境が悪いんです。

でも、環境が変わるのを待っていても変わりません。(7つの習慣のインサイドアウトですね)

だったら自分から変えようとしてみてください。

野球が悪いんじゃないし、野球を嫌いになったり、野球をやめなくてもいいんです。

あなたがそこまでする必要はありません。

野球は必ずあなたを将来助けてくれるものとなります。

僕ができたことは必ず誰にでもできます。

 

PS2

福岡市内で、短期ピッチング教室を開催しようと考えています。

場所は新宮ドームバッティングセンターになるかと思います。

また詳細が決まったらご連絡しますのでお楽しみに^^

  • 友だち追加

記事一覧へ

メールでのお問い合わせはこちらから

無料体験申し込みはこちら